ブログパーツUL5                      
<< 141106 3D Viewer続き | main | 141111 3D Viewerその3 タオバイザー >>
2014.11.11 Tuesday

141111 GoPro4台でステレオ360ビデオ

 しばらく前からELMOを使って360ビデオでのステレオ化に取り組んでいたが、さきごろ神戸の井上さんが独自の方法で360ビデオのステレオ撮影の手法を公開された。
GoPro4台にfisheyeレンズを付け替えて動画を撮影する。
そのままだと4つの円周魚眼なので360パノラマビデオが2つできることになる。
従来はその2つを使ってステレオ化するのだが(タニグチがELMOでやったのもそう)井上さんの場合、マスクを使ってそれぞれのレンズの左右を切り分け2つの動画を作るというもの。このやり方のいいところは左右の動画のズレをコントロールできるというのが大きな特徴だ。
通常はそれを重なる部分で制御するのだがこのように円周魚眼2つだと重なる部分がほとんどない。
それを一つの動画を2つに分けることでオーバーラップ部をコントロールしているということだ。
いわば苦肉の策とも言えるがうまくいっている。
ただ問題がないわけではなくマスクが使えるアプリが必要なのと、魚眼レンズのオーバーラップがギリギリなので繋ぎ目が厳しい。
画素数も長辺2500ピクセル程度。
アプリは必然的にPTGuiとVSを使用せざるを得ないが、その連携がうまくいっておらずステッチや色味をVSが正確に反映しない。

実はこの1.41mmの魚眼レンズはだいぶ前に6個購入していて、手持ちの4台のGoProに装着済みではあった。
しかしながら通常の360ビデオはELMOで撮ることが増え、ステレオもELMOリグを作ったこともあってほとんど使っていなかったが先日千葉に行ったおりテストをしてみた。
実際に作ってみると上記のような問題点がありもう少し調整は必要だが、Oculusや3DViewerでみてみるとステッチや色味はそれほど気にならない。
以下にそのデータをアップしたのでOculusや3DViewerをお持ちの方はぜひDL--190MB--して見てみてほしい。
KolorEyesのようなアプリで3D_OUを選択してSBSでみることができる。
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
更新しました !
T-Photoworksはこちら

HistoricCar360°はこちら
秋葉原ラジオセンターはこちら
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM